読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

市の吹奏楽団を見学してきました。

 昨日は、自分の住んでいる市の

吹奏楽団さんを見学してきました。


そこで色んなことを感じたので、

日記として残しておきたいな

思います。

その前に、自分のお話をちょっと…


 私は10月より、2月ほど、週2回のフルート教室に通っていましたが、

転居に伴い、辞めることに

なってしまいました。


楽器経験は、全くない状態からのスタートでしたが、幸い、周りに音楽関係者が多く、( それが始めたきっかけの1つでもありましたが)  

市に吹奏楽団があって、初心者でも受け入れてくれるかも知れない、と

その人たちが教えてくれました。


調べてみるとあったので、

今回見学させて頂きました。


吹奏楽団の方たちは…とても暖かくて、良い人たちばかりでした。


 例えば…


 わたくし、見学のつもりだけで楽器を持ってきてなかったんですが、

時間がまだあるから、ということで

家まで車で送ってくださったり…


そもそも、まだフルートの出せる音の半分しか出せないのに、

それを伝えても、合奏に参加しなよ‼︎

って言ってくださったり…


 で、お言葉に甘えて、フルートまで出して臨んだんですが、

楽譜が読めないから、どの音を

どういうリズムで出して良いのか

分からない上に、

音符も密集してて、出せない音ばかりで、最初は、今、どこを吹いているのかも、分かりませんでした…


それでも、横にいたフルートの人が

リズムを踏んで教えてくださったりして…


自分がいること自体、申し訳なく感じるし、何だか、だんだんと気分も悪くなって、気持ち悪くなって

しまいました…


 1区切りが付いてから、帰らせてもらおう…って思って声をかけたら、

私と同じように、社会人になってから楽器を始めて楽団に入った方が、


自分も最初の時は、同じように何もできなかったから、とても気持ちが分かるよ。って言ってくださって、

それでも、また来てね。って言ってくれた事がとても嬉しかったけど、

申し訳なくって…


 楽団の人は、気分が悪くなった原因は酸欠だと仰っていたんですけど、

自分の気持ちの弱さもあるんじゃないのかなぁって思います…


最後は涙も止まらなくて、自分がとっても情けなかったです…


 あんまり身バレしたくないのですが、直方ウィンドオーケストラ

という楽団さんです。

本当にとっても良い人たちばかりでした‼︎


私、いつか、あの輪の中に入られる人間になれるのかなぁ…